npo S-AIR エスエア

うわーーー。って感じるのはなんでかな。

最近、2冊の冊子をもらいました。報告書とも言えるものです。実は全く違う人が違う目的で作っているのですが、両方にうわっ!すごすぎる!って思ったんです。何でだろうって考えてたんですが、それは要するに、ストレートに熱意や思い入れのすべてがその冊子につまっていて、びしびし伝わってくるのです。もうはらわたにガッツリきます。やばい。私本気でおののきました。そして、回りにこんなにも情熱を持って何かをしている人がいることに安心しています。本当に真っ直ぐ、むき出しの情熱をぶつけられて私はきっちりノックダウンでございます。もっとたくさん人がこういう情熱で何かを行って、そして気持ちを共有できる世の中になったらハイテンションで大変なことになっちゃうな。最高だ。
そして、くだらなく、細かいことをくよくよかんがえたり、むかついたりすることがどうでも良くなっていくんだよ。すばらしい。

一冊目は白老の川上さんのキャンプ報告書。10月上旬にいった白老キャンプのことをまとめてくれたんです。くわしくは、こちら

d0005370_1321537.jpg








d0005370_13221252.jpg


もう、川上さんの人柄や一生懸命さ、めちゃめちゃ伝わります。器用な感じではないのがまたすばらしいのです。わたし川上さんの熱意に応えきれてなかったと気づかされました。ごめんなさい。これからも、川上さんは森と共にいろいろな活動をされて行くとおもいます。たくさんの人が川上さんと出会えることを願っています。

そして二冊目、中矢さんのインタビュー集です。札幌のさまざまな人へ話を伺いまとめています。これは彼女の高専の卒業制作で、私が取材をしてもらったことから今回一部いただいたのです。たぶん、彼女が学校で培ったことや彼女の今までの経験がこの冊子づくりに無駄なく活かされそれがそのまま、文章の中に、装丁に現れているとおもうのです。完璧な意志の翻訳みたいなかんじです。それに情熱がくわわって恐ろしいことになっているの。

d0005370_13231551.jpg
d0005370_1323284.jpg


私展覧会に行かなかったのです。大後悔。ごめんなさい。


2人とも活動を続けてほしいです。
[PR]
by sairoffice | 2009-10-30 13:40 | live news