npo S-AIR エスエア

読書

最近郷土史に興味がでてきました。
郷土史に興味があるのは、渋すぎて高齢の方だけなのかと思っていましたが、心にしみます。
北海道に暮らすにあたり現在でもヒントになるようなアイデアがたくさんあるし、開拓していくときの状況を想像すると、ほんっとにヤバいと思います。過酷過ぎ。よくこんなでっかい街ができたものです。一方でアイヌの生活は自然と暮らすための研ぎすまされた野性感覚があふれてカッコ良すぎです。

何冊か読んだ本の中で、びっくり仰天の一冊は
黒船前夜  ロシア・日本・アイヌの三国志
です。

d0005370_1963351.jpg


これは間違っているかもしれないけど侵略史とも取れる内容だと思いました。でてくる人でてくる人悪人ばっかです。そうか、世の中はこうやって動いているんだな。羅生門はかわいいもんだよ。
[PR]
by sairoffice | 2010-03-26 19:11 | live news