npo S-AIR エスエア

対岸の火事




アート ことパタヴィー・ヴィラヌヴァットはタイの映像作家です。

タイといえば、今、大変なことになっています。







タイの首都バンコクで続く治安部隊とタクシン元首相派勢力
「反独裁民主統一戦線」(UDD)の衝突は、犠牲者の数が増え事態が激化の一途。



彼の部屋もバンコクにあり、兄弟姉妹はいまもバンコク在住。

そんな中、今は作品を作るため札幌に滞在しています。

来月末にはタイに帰国します。

日本はとても平和で、みな穏やかで、

日本人はタイの騒動にそれほど強い関心はありません。

「なんか大変そうだねぇ~」くらいのもの。

誰もが忙しくて、自分のことで精一杯。

僕もそう。そんなもんでした。彼と話すまで。


彼の目を見て、タイの実情を聞いてると胸がつまります。


とても小さな、か弱い繋がりでしかないけど、

僕の中にも、少しだけタイの内乱がリアルに染み込んできて

明日からニュースを見る目と聞く耳が変わります。


だからといって、世界が急に変わるわけではない。

けれど、

好奇心や関心の始まりはいつも小さなところから。

その積み重ねが、いつか何かを大きく変えていくと、

僕は信じて制作して生きています。


国内にいながら海外のリアルな情報を得れるというのは、

アーティスト・イン・レジデンスの大きな効用だと思います。

せっかくの機会ですから、たくさん交流して吸収しあってほしいです。
[PR]
by sairoffice | 2010-05-18 18:25 | live news