npo S-AIR エスエア

スティーブ NZレクチャー


6/11(金)CAI02 と北海道ヘアデザイナー100人展のご好意とご協力のもと、

スティーブ・カーによるNZアートシーンのレクチャーを開催しました。

d0005370_17484745.jpg






・NZアーティストの紹介

時系列に、マオリ族との問題をからめながら、コメディー俳優から現代の作家までを紹介。

各作家の特徴やスタイルを判りやすく解説。


・NZ作家が抱える課題(日本とも似ている)について

国土が小さい。西洋美術の歴史が浅い。アーティストが少ない。コレクターが少ない。

主要なアートシーンから地理的に遠く離れている。発表場所が少ない。などなど、

これに加えて日本のアーティストは英語に苦戦しています。


・作家のスタイルについて

若い作家が世に出て行くとき、先行作家Aと作風やスタイルが似ている場合、

先行作家Aを引用しなければ、いけないということ。

「私とAの作品は似ている部分もあるが、ココが違うところであり、それが私にとって重要なのである」

みたいなことをキチンと述べなければいけない。ということだと思う。

ここらへんの話は入り組んでいるので気になる人は直接本人へ。


・NZのアートスペースについて

コマーシャルギャラリー、ノンコマーシャルギャラリー、アーティスト・ラン・スペース

などについても軽く紹介してくれました。

d0005370_17495349.jpg



レクチャー終了後は、もう一つの部屋で個展を行っている神崎剣抄さんのオープニングパーティーに

合流して寿司を握ってもらいましたよっと!遅くまで残ってみんな楽しそうでなにより!

いよいよ、今週金曜日からOpen Studio ですっ!!!
[PR]
by sairoffice | 2010-06-14 16:06 | live news