npo S-AIR エスエア

カンヌ パルムドール受賞作!絶賛ロードショー中!!

タイ映画としてはもちろん、東南アジア映画としても

初のカンヌ国際映画祭パルム・ドール(最優秀賞)受賞作。

更には、AAA(Asia Art Award)初代グランプリも受賞。

今、アジアで最も勢いをますアピチャポンの最新作「ブンミおじさんの森」

シアターキノで絶賛公開中です。

d0005370_1047881.jpg


監督のアピチャポン・ウィーラセタクン は2001年に、S-AIRに

アーティスト・イン・レジデンスとして札幌に長期滞在し、

作品作りや北海道のアーティストたちと交流をしていきました。

人生なにが起こるか判らんです。感慨深い。

d0005370_1048042.jpg


カンヌでパルムドールを受賞した時の審査員長であるティム・バートン監督のコメント

「世界はより小さく、より西洋的に、ハリウッド的になっている。
でもこの映画には、私が見たこともないファンタジーがあった。
それは美しく、まるで不思議な夢を見ているようだった。
僕たちはいつも映画にサプライズを求めている。
この映画は、まさにそのサプライズをもたらした」。

『ブンミおじさんの森』の美しく、そして斬新なイマジネーション、
思わず笑みがこぼれるようなユーモア、
そして何より生と死に対する優しく深い洞察が、この収縮した世界を甦らせます。

シアターキノでの上映時間は

6/1(水)~3(金)  9:45、  17:40

6/4(土)~10(金) 11:45

6/11(土)~17(金)はまだ時間は決まっていませんが、

夜一回だけの上映になる可能性が高いです。

是非、世界注目のアピチャポンの芸術世界をご覧ください。


S-AIRへのビデオメッセージ
S-AIR 2004 SAB: Artists video Letters from Apichatpong Weerasethakul


[PR]
by sairoffice | 2011-06-01 10:49 | live news