npo S-AIR エスエア

トーマス&シルベストゥル

NPO法人S-AIRによる秋のレジデンスプログラムで、レジデンス・アーティストが二人来日しています。

d0005370_16515636.jpg


Thomas Newmann/トーマス・ノイマン(写真右)
旧東ドイツの街、コットブス出身。デュッセルドルフ芸術大学院でトーマス・ルフに師事し、国内外で個展やグループ展を開催する。2010年には〈あいちアートの森〉に参加する等、日本との関わりも多く日本語も話せます。現在デュッセルドルフを拠点に活動する。

Silvestru Munteanu Alexandru/シルベストゥル・ムンテアーヌ・アレクサンドゥル(写真左)
ルーマニア・ブラショフ出身。ティミショアラ西大学美術学部彫刻科卒、国立美術大学ブカレスト校彫刻科修士課程修了。現在はブカレストを拠点に活動する。ファウンドオブジェクト、石膏、木材等様々な素材を組み合わせてオブジェを制作する。

二人は12月中旬まで滞在し、10月29日~11月23日まで開かれる札幌ビエンナーレ・プレ企画2011
「表現するファノン」にて作品を発表予定。

なお、10/19(水)午後7時より、ICC1階カフェにて、S-AIR主催で歓迎会を行ないます。(入場無料)
ささやかではありますが、スナックやドリンクをご用意してお待ちしております。差し入れ大歓迎!!! 

ルーマニアやドイツのアートシーンはもちろん、異国文化などを知る絶好のチャンスです!
どうぞお気軽にお立ち寄り下さい!
[PR]
by sairoffice | 2011-10-18 16:56 | live news