npo S-AIR エスエア

S-AIRアワード NZ派遣プログラム公募開始!

S-AIRアワード (アーティスト海外派遣プログラム)
The Whitecliffe College of Arts and Design Artist-in-Residence Programme
(ニュージーランド)
http://www.whitecliffe.ac.nz/

「S-AIRアワード」は、札幌を拠点とするNPO法人S-AIR(エスエア)が才能ある道内のアーティストやクリエーターに、国内外の提携機関へ派遣、充実した滞在制作の機会を提供し、その活動を支援することを目的として設立されました。

今回の派遣先は、ニュージーランド・オークランド市にあるウェストクリフ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン(Whitecliffe College of Arts & Design)。

d0005370_18454534.jpg

期間は2012年1月〜3月、ニュージーランドの一番いい季節です。ニュージーランドは助成制度も近年充実してきていて、現代アートにも力を入れています。またとないチャンスです!皆さんの応募をお待ちしています!



--------------------------------------




S-AIRアワード (アーティスト海外派遣プログラム)
The Whitecliffe College of Arts and Design Artist-in-Residence Programme
(ニュージーランド)

「S-AIRアワード」は、札幌を拠点とするNPO法人S-AIR(エスエア)が才能ある道内のアーティストやクリエーターに、国内外の提携機関へ派遣、充実した滞在制作の機会を提供し、その活動を支援することを目的として設立されました。

S-AIRは、レジデンス事業を中心に海外の様々な機関と連携し、北海道と国内外を結ぶ機関として活動を続けています。これまで、S-AIRアワードは道内の作家が対象でしたが、今回の派遣プログラムは、その対象を道内から全国へと拡げ、今後活躍が期待される作家に、S-AIRと繋がりのある海外の機関へ派遣することで、札幌を拠点に日本と海外の繋がりを深めることを目的としています。

申請される際は、募集要項をよく読み、滞在計画、制作、報告などを自主的に行えるかを十分に検討した上で、応募してください。日頃の生活環境を離れ、自分自身の表現活動のための自律的な研修期間となるような海外のレジデンス・プログラム活用を期待します。


◆派遣場所
Whitecliffe College of Arts & Design
ウェストクリフ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン

ウェストクリフ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインは新たにレジデンスプログラムを設立し、ニュージーランドのオークランドへ2010年1月~3月まで8~10週間の滞在制作のため、海外のアーティストを招聘します。このプログラムは、意欲的で実験的なプロジェクトを支援するためのものであり、新しい作品を制作することが条件です。選ばれたアーティストは、今後ニュージーランドのアーティストやアート系団体と繋がりを持つべく、日本とニュージーランド間共同での活動や意見交換を促すものです。アーティストの選考は、NPO法人S-AIRを中心とした選考委員会による一次選考で選ばれたリストの中から、ウェストクリフ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインの選考委員会で最終最終決定されます。
キャンパス内のスタジオ、宿泊施設、展覧会場となるギャラリースペース、その他、学校の設備(Mac、スキャナー、大型プリンター、高性能カメラ用備品、シルクスクリーン、HDビデオカメラ)を使用することができ、滞在費は、NZ$3,000が支給されます。

◆派遣期間 
8~10週間程度(1月18日~3月15日) ※日程調整可

◆派遣条件 
※下記内容をご了解のうえご応募ください

〈申請資格〉
心身ともに健康であり、基礎的な英会話でのコミュニケーション可能な方、現地の学生との交流・相互作用を築ける方。 年齢、性別不問。日本国籍を有するもの。主催者は保険契約を実施しませんので、各自で旅行者保険および傷害保険契約を実施できること。万が一、健康状態の悪化等の理由で、レジデンスプログラムを終えることができなかった場合は、下記助成は無効となり、滞在費等係る費用すべては各自ご負担いただきます。

〈募集分野〉
現代美術やファインアート等、ジャンル不問

〈必要条件〉
・ キャンパス内ピアースギャラリーでの滞在成果展(3月)
・ 大学院生を含む学内向けのアーティスト・トーク(1月22日)
・ 学部生を含む学内向けアーティスト・トーク(2月14日)
・ 英語でコミュニケーションを取ることができ、現地での書類作成、創作活動、リサーチ、日常生活に係る全てを独力で行うことができること。※語学力に不安のある方は申請の際にご相談ください。
・帰国後、札幌のICCにて滞在報告発表を行える方。(交通費、宿泊費などについては自己負担、報告の方法については要相談)

〈助成内容〉
・ 渡航費 オークランドまでの往復航空券(上限17万円)
・ 滞在費 NZ$3,000
・ キャンパス内のスタジオ
・ 宿泊施設
・ 展覧会場となるギャラリースペース
・ 学校設備の使用(Mac、スキャナー、大型プリンター、高性能カメラ用備品、シルクスクリーン、HDビデオカメラ)


◆応募方法
下記規定の書類をデータで作成し、オンラインでお送りください。 応募要項・書類は下記リンクよりダウンロードしてください。
[ S-AIR AWARD 2011/2012 応募要項・書類ダウンロード ]

◆申請書類
※書類はすべて英語でご記入ください。
1. 記入済み申請書(PDF もしくは Word、A4サイズ)
2. 履歴書/CV(PDF もしくは Word、A4サイズ)
展覧会経歴、学歴なども忘れずに記載してください。この申請で記載されている情報は、広報等の際に使用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。
3. カバーレター(申請理由、アーティストとしての経歴、通常作品制作で取り扱っているコンセプトやリサーチの内容)(PDF もしくは Word、A4サイズ、2-3ページ)
今回の滞在での予定は特に明記しなくても結構ですが、アーティストとして日頃取り扱う題材や分野について記載してください。映像の作品やスクリーン上/オンライン上での作品を制作している場合は、その映像・作品データを無料サーバーなどで送っていただくか、有効なリンクを明記してください。
5. アーティストの写真 (jpeg, 500px min)
ご自身の肩から上の写真を送ってください。

◆応募締切 
《2011年12月18日 日本時間 23時30分必着》
・オンラインにて上記締切時到着分まで受け付けます。この日時を過ぎて到着した応募用紙は受付しません。
・応募用紙、資料に不備のある場合、応募方法が守られていない場合、応募は無効となります。応募書類は必ず英語で作成してください。

◆選考方法
〈一次書類&面接審査〉 2011年12月20日(火)
S-AIR AWARD 選考委員会による書類および面接審査 ※北海道外の方はスカイプ面接
〈最終現地審査〉 2011年12月22日(木)
ウェストクリフ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン選考委員会が、一次選考通過者の中から書類選考し、決定。
〈結果発表〉 2011年12月23日(金)予定


問い合わせ先
特定非営利活動法人 S-AIR(エスエア)
〒062-0901 札幌市豊平区豊平1条2丁目1-12
インタークロス・クリエイティブ・センター(ICC) 401
電話:011-820-6056
FAX:011-820-6057
E-mail: info@s-air.org
[PR]
by sairoffice | 2011-11-21 18:49 | イベント・展覧会