npo S-AIR エスエア

7月6日_Berlin遠征の報告

嗚呼、森鴎外先生、現在のブランデンブルグ門です。リンデンバウムの薫りにむせぶベルリンより。
d0005370_2111754.jpg


またしても時間が経ちました、すいません。4日間だけアムステルダムからベルリンへ。



アムスから来てみると、物価の安さにまず大興奮!
なぜか、食料品を買って帰るはめになった自分のさもしさに涙。

遠征の目的は、ブランデンブルグ門と友人との再会でしたが(それ以外望んでなかったのだけど)、せっかく調査に来ているんだから、とあちこちつれていってくれました。ギャラリー、AIRといくつか見ることが出来ました。ちょうど天気もよく、暑かった!11時頃まで明るいので、オランダ、ベルリンの夏のせいで日焼け、しかも土方焼け。この年で日焼けは確実にやばいのですが、疲れてお手入れをする暇もなく・・・

しかし、わたしが一番関心をもったのはこの遠征で宿泊したホテル。
デザイン振興のためのセンター(ICCと似た機構です)とダンスカンパニーが運営するアート・センターがプロフェッショナルなホテルの経営をしています。

まさに、わたしの夢のホテル経営!!これはまた後日か帰国してかリポートします。
センターのディレクターとも将来の連携に向けてミーティングしよう!と瞬時に盛り上がったのですが、アポの当日、突然の急用で彼が捕まらず打ち合わせできずに帰路に、縁がないのかベルリン。

さて、札幌のみなさんお待ちかね。
ベルリンといえば、けんちゃんでっす!
d0005370_2111371.jpg

会うなり、「大きくなったね〜」とおばさん状態になってしまいましたが、現在オランダでブレイク中のけんちゃんは、会った日のつい数日前に美術館での作品設置の決定があったとのこと、その場に居合わせた4人の日本人で乾杯しましたよ〜!

彼は文化庁の二年間の派遣を獲得して、現在ベルリン三年目。
わたしもココに来て実感していますが、ほんとうにヨーロッパに基盤を作ろうと思ったら最低二年は必要だろうと思います。まだ年齢が間に合うみなさんは、ぜひ三年、二年間派遣のプログラムに応募してみてください。

8月末までは引っ越しにつぐ引っ越しで、実はへとへとです。
8月の初旬に、NENOに呼ばれてブルガリアでプレゼンをするかもしれません。。。旅費が全額カバーされないので、まだ迷っていますが。
では取り急ぎ、珍しく夏日のアムステルダムより。mami
[PR]
by sairoffice | 2009-07-06 21:30 | live news