npo S-AIR エスエア

カテゴリ:イベント・展覧会( 117 )

S-AIRアワード NZ派遣プログラム公募開始!

S-AIRアワード (アーティスト海外派遣プログラム)
The Whitecliffe College of Arts and Design Artist-in-Residence Programme
(ニュージーランド)
http://www.whitecliffe.ac.nz/

「S-AIRアワード」は、札幌を拠点とするNPO法人S-AIR(エスエア)が才能ある道内のアーティストやクリエーターに、国内外の提携機関へ派遣、充実した滞在制作の機会を提供し、その活動を支援することを目的として設立されました。

今回の派遣先は、ニュージーランド・オークランド市にあるウェストクリフ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン(Whitecliffe College of Arts & Design)。

d0005370_18454534.jpg

期間は2012年1月〜3月、ニュージーランドの一番いい季節です。ニュージーランドは助成制度も近年充実してきていて、現代アートにも力を入れています。またとないチャンスです!皆さんの応募をお待ちしています!



--------------------------------------

詳細はこちらより
[PR]
by sairoffice | 2011-11-21 18:49 | イベント・展覧会

11/10(木)開催 市立大でのアーティスト・トークのお知らせ

市立大でアーティスト・トーク行います!

d0005370_13182878.jpg


《札幌市立大学 メディアデザインコース主催講義》
「表現するファノンーサブカルチャーの表象たち」参加作家によるアーティスト・トーク

芸術の森美術館で開催中の「表現するファノン―サブカルチャーの表象たち」への参加アーティスト3名による講義を行います。

札幌のNPO法人S-AIR(エスエア)の招聘で2ヶ月間札幌で滞在制作中のアーティスト、シルベストゥル・アレクサンドゥル・ムンテアーヌとトーマス・ノイマン、そして札幌を拠点にアーティストとして活動する高橋喜代史が、現在展示中の作品や、これまでの活動について紹介します。

詳細は添付のフライヤーをご覧ください。
※本講義は、学内の学生向けの講演ですが、ご参加いただくことが可能です。

日時 2011年11月10日 (木) 18:20~19:50
場所 札幌市立大学 芸術の森キャンパス 一般教育棟1F 階段教室
※スカイウェイを抜けて学生課前を右折、突き当たり右手階段を降りる
http://www.scu.ac.jp/access/

作家プロフィール
[PR]
by sairoffice | 2011-11-08 13:19 | イベント・展覧会

〈表現するファノン〉芸森搬入1日目

今日はいよいよ搬入の日。シルベストゥルは遅く(早く?)まで制作し、トーマスは用意周到に着々と進めてきました。おなじみの赤帽さんに、作品等を運んでいただきましたが、その赤帽の車がおもちゃのようと気に入っていた様子。

d0005370_22284995.jpg

d0005370_22282636.jpg

美術館の中はこんな感じです。展示がないとこのような空間です。

ふたりの展示空間
[PR]
by sairoffice | 2011-10-27 22:32 | イベント・展覧会

トーマス制作風景

トーマスは10月17日に到着。日本語が少しできるとは聞いていたものの、あまりに上手で一同びっくりでした。彼が拠点としているデュッセルドルフは、日本人も多く住む街だそうで、日本でのプロジェクトに関わったこともあり、3年前程から日本語を習い始めたとのこと。

d0005370_22243551.jpg

トーマス、シルベストゥル、共に、29日から芸術の森にて開催の札幌ビエンナーレ・プレ企画〈表現するファノンーサブカルチャーの表象たち〉に参加します。これは、美術館の下見の様子。トーマスはインスタレーション作品を発表します。

トーマスのスタジオ
[PR]
by sairoffice | 2011-10-27 22:27 | イベント・展覧会

シルベストゥル制作風景

シルベストゥルは一足先に12日に札幌に到着。ヨーロッパを出たのは初めてだそうで、着いてその足でうどんを食べに行きましたが、箸に苦戦!時差ぼけはそんなに感じなかったようで、次の日の朝には、既にスタジオで制作を始めていました。

d0005370_22134610.jpg

(左)スタッフ橘の友人、(中央)シルベストゥル、(右)ICC事務局の渡部さん

シルベストゥルの作品
[PR]
by sairoffice | 2011-10-27 22:23 | イベント・展覧会

S-AIR秋のレジデンスアーティスト歓迎会のお知らせ

S-AIRでは秋のレジデンスプログラムとして、ドイツからThomas Newmann (トーマス・ノイマン)と、ルーマニアからSilvestru Munteanu Alexandru(シルベストゥル・ムンテアーヌ・アレクサンドゥル)の、2名のアーティストを招聘しています。

10/19(水)ICCカフェにて19:00より、レジデンス・アーティスト2人の歓迎会を行います。
ささやかではありますが、スナックやドリンクをご用意してお待ちしております。
差し入れ大歓迎ですので、お誘い合わせのうえ是非お越しください。

とき10/19(水)19:00-
場所ICCカフェ 062-0901 北海道札幌市豊平区豊平1条12丁目1-12 ICC-401
http://www.icc-jp.com/ja/
参加費無料

<各種お問い合わせ>
特定非営利活動法人 S-AIR(エスエア)
〒062-0901 札幌市豊平区豊平1条2丁目1-12
インタークロス・クリエイティブ・センター(ICC) 401
電話:011-820-6056 FAX:011-820-6057

作家プロフィール
[PR]
by sairoffice | 2011-10-17 18:56 | イベント・展覧会

Opportunity: Curator in Residence at S-AIR 2011 Winter

2011/2012 S-AIR Residency Winter Programme:
APPLICATION GUIDELINES
FRONTIER

Opportunity: Curator in Residence at S-AIR
15 January – 15 February 2012 (Dates are negotiable)

More Details
[PR]
by sairoffice | 2011-10-01 02:04 | イベント・展覧会

本日9/22開催! 斉藤雅宏氏レクチャーのお知らせ @CAI02

9月21日より、全国各地から日本人アーティスト4名が、S-AIRにて短期レジデンスとして滞在します。1人のアーティストが全国各地(2~3カ所)で滞在制作・リサーチして回り、来年の春、アーツ千代田3331に参加アーティスト全員が集結して成果発表の合同展を開催する、というコマンドN/文化庁事業の一環です。

9月22日(木)20:00~ CAI02で斉藤雅宏さんのレクチャー、プレゼンテーションを行います。
斉藤雅宏さんはアーティストであり、金沢にあるKapoというスペースのディレクターでもあります。
プレゼンでは、作品のこと、Kapoのこと、また金沢についても話して頂きます。
是非、お誘いあわせのうえご来場ください。


《斉藤雅宏 プレゼンテーション》

日程: 9/22(木)
時間: 20:00-21:00 (21:00以降は交流会)
入場: 無料
会場: CAI02
住所: 札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2
TEL: 011-802-6438
お問い合わせ先:NPO法人S-AIR (011-820-6056)
[PR]
by sairoffice | 2011-09-22 16:32 | イベント・展覧会

上遠野 敏氏 個展「ネ・申・イ・ム・光景」

札幌市立大学デザイン学部教授の上遠野敏氏より、個展のご案内をいただきました。
皆さんお誘い合わせの上、是非どうぞ!

---------------------------
CAI02企画展 上遠野 敏 個展 
「ネ・申・イ・ム・光景」

d0005370_149546.jpg



会期 2011年7月23日(土)~8月27日(土)
時間 13:00~23:00
休館 日曜祝日、夏休み 8月12日(金)~17日(水)
会場 CAI02 札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2(地下鉄大通駅1番出口)

●オープニングパーティー 7月23日(土)19:30~22:00
ゲストに小室治夫氏、露口啓二氏、伊藤隆介氏をお迎えし、対談を行います。
司会進行 端 聡
●上遠野 敏によるアーティストレクチャー
「自然神の現れと神々のお供え」: 7月30日(土)19:30~21:00
●アーティストトーク: 8月20日(土)19:30~21:00
●クロージングライブ「マイマイのDERI-CABA!」
8月27日(土)19:00~

主催:CAI現代芸術研究所
札幌ビエンナーレ・プレ連携企画 http://www.sapporo-biennale.jp/

その他詳細はこちらより:
http://www.cai-net.jp/info/index.html#katono
http://www.shift.jp.org/ja/blog/2011/07/satoshi-katono-exhibition/
[PR]
by sairoffice | 2011-07-14 14:12 | イベント・展覧会

Artists' Action for JAPAN 参加アーティスト大募集

アーカスからのお知らせです。興味ある方は是非!


Artists' Action for JAPAN

東日本大震災チャリティードローイングプロジェクト

日時 5/7(土)・5/8(日)11:00~17:00
会場 イーアスつくば2F イーアスホールA・B(秋葉原駅から、つくばエクスプレス線「研究学園駅」まで約40分。駅から徒歩4分
主催 AAfJ + 茨城応援団
(茨城県南芸術の門創造会議(茨城県、取手市、守谷市、東京藝術大学、取手アートプロジェクト実行委員会、アーカスプロジェクト実行委員会)/ ㈲宮島達男事務所/イーアスつくば)
ウェブサイト http://aa4j.org
本イベントについてのお問い合わせ ibaraki@aa4j.org(茨城応援団長 宮島依子)

1枚の絵からはじめよう。
東日本大震災の被災地をアートの
力で応援したい。


来場者には、アーティストを目指す美大生や卒業生達が制作した作品から好きなものを選んで持ち帰っていただき、1点につき1,000円の寄付をお願いします。収益のすべてを日本赤十字社を通じて被災地に送ります。ぜひ、会場にお立ち寄りください。参加メンバー一同みなさまをお待ちしております。

〜Artists' Action for JAPANとは〜

Artists’ Action for JAPAN(AAfJ) は若いアーティストと芸術を志す学生たち、支援する美術関係者が立ち上げたプロジェクトです。「東日本大震災の被災者の方のために、我々アーティストにできることはないだろうか」という、やむにやまれぬ思いから結成しました。アーティストは、東京藝術大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学、東北芸術工科大学をはじめとする日本全国の美大卒業生と在校生を中心に、応援団として加わっていただいた芸術家など、現在120人程度が手を挙げています。 これまで、3-4月の土日に、東京・代官山ヒルサイドテラス、六本木ヒルズ、六本木ミッドタウン、さらに神戸など、これまで10か所以上で開催されてきました。今回、茨城県では初の開催となります。是非、当日ご来場頂き、アーティスト達と対話し1枚でも絵を買って頂くことで支援の輪を広げたいと考えております。ご協力お願いいたします。


!!!参加アーティストも大募集!!!


当日、絵を描いて、被災地の応援をしたいと願っているアーテイストの方を募集しています! 参加にあたって、アーテイストの方々へ、以下の事をお願いしています。 Artists’Action for JAPANに登録したすべての作品は、Artists’Action for JAPANの所有となります。サイトでの公開、希望者への譲渡などは、すべて事務局に一任いただきます。 当日会場までの交通費はご負担下さい。画材持参で会場に来て下さい。持参される画 材・道具については、以下の点にご注意下さい。用紙はA4サイズのケント紙・和紙を事務局で準備します。それ以外の素材はお持ち下さい。会場が汚れる可能性のある画材(木炭、スプレー類、油絵の道具など)は禁止。水彩の水・廃液は各自ペットボトル等でご持参・お持ち帰り下さい。においのでるもの、土や粉など会場が汚れる可能性があるものは持ち込まないで下さい。ゴミは原則お持ち帰り下さい。火気の使用は厳禁です。特殊な画材を使いたい場合は事務局までお問い合わせ下さい。 ※参加いただいた方にも、会場の設営・運営などのご協力をお願いすることがあります。 ※当日、参加できるアーテイストの方は、参加の意思をあらかじめメールで教えてください。参加申し込み(アーティストの方): ibaraki@aa4j.org
AAfJ_logo03_b.jpg img_map01.gif img_map02z.gif


応援団

宮島達男(美術家)/日比野克彦(美術家)/内藤礼(美術家)/青柳正規(国立西洋美術館館長)/南條史生(森美術館館長)/朝倉徳道(ヒルサイドテラス・朝倉不動産株式会社代表取締役)/代官山ヒルサイドテラス 吉田信之(新建築社 代表取締役社長)/芹沢高志(P3 art and environment エグゼクティブ・ディレクター)/倉森京子(NHK プロデューサー)/西田善太(『ブルータス』編集長)/内田真由美(アートコーディネーター)ほか

More
[PR]
by sairoffice | 2011-04-27 14:05 | イベント・展覧会