npo S-AIR エスエア

<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Monkylove@Clermont-Ferrand

d0005370_16562676.jpg
d0005370_16564466.jpg
d0005370_16572117.jpg
d0005370_16594557.jpg
d0005370_170834.jpg
d0005370_1705210.jpg
d0005370_1715393.jpg
d0005370_1722850.jpg

[PR]
by sairoffice | 2007-01-27 17:02 | live news

Bas + Neno @Moerenuma Park

d0005370_19244143.jpg


バス・ノールデルメール(オランダ) +
ネノ・ベルチェフ・ベルチェフ (ブルガリア)

モエレ沼公園ガラスのピラミッド[HIDAMARI] 内 スペース2
オープニングレセプション/2.10 Sat. 19:00〜

○モエレ沼公園ガラスのピラミッド
○開館時間(火・水 9:00-17:00、木〜日・祝 9:00-21:00)
○公園管理事務所:TEL 011-790-1231


[ICC + S-AIR 2006 創造拠点交流事業]
主催:財団法人さっぽろ産業振興財団
(インタークロス・クリエイティブ・センター)
共催:特定非営利活動法人S-AIR(エスエア)
助成:財団法人地域創造、財団法人アサヒビール芸術文化財団、
社団法人北方圏センター北方圏交流基金
協賛:アウラアソシエーツ都市建築設計、山謙工業株式会社、
エスポワール不動産株式会社



ENGLISH
[PR]
by sairoffice | 2007-01-23 15:04 | イベント・展覧会

おもちゃ大募集らしい

d0005370_14501387.gif

<トウキョウワンダーサイトより転載>
エキソニモの作品制作−いらないおもちゃ大募集!!—
エキソニモの作品制作のために、不要のおもちゃをたくさん必要としています。
ご家庭でもう遊ばないおもちゃがありましたら、ぜひご提供ください。(*下記条件参照)

・ 音、光がでる電池で動くおもちゃ(単1-4電池がのぞましい)種類は問わず。返却不要なものに限ります。
・ 壊れていても、鳴らなくてもけっこうです。
・ トーキョーワンダーサイト本郷へお持ちくださるか(開館時間のみ受付)、下記住所までお送りください。
(大変申し訳ありませんが、送料はご負担で願います。)

送り先:トーキョーワンダーサイト本郷
〒113-0033 東京都文京区本郷2-4-16 TEL 03-5689-5331 担当:水田

回収期間:1月10日〜2月14日まで
エキソニモの作品制作についての問い合わせ:chiaki-s@ga2.so-net.ne.jp/坂口
<トウキョウワンダーサイトより転載 END>

「壊れててもいいです。
もし数がまとまるなら着払いで送っていただいても結構です。」
とのことです。まずは連絡してあげてください。


トウキョウワンダーサイト本郷
トウキョウワンダーサイト




[PR]
by sairoffice | 2007-01-23 14:51

後半プログラム招へいアーティスト・トークと歓迎会

ICC+S-AIR2006 創造拠点交流事業 
後半プログラム招へいアーティスト・トークと歓迎会

招へいアーティスト2名の来日に伴い、アーティスト・トークを開催します。ロッテルダム(オランダ)とブルガリアのアート・シーンの活動について、それぞれのアーティスト活動のドキュメンテーションを映像資料とレクチャーでご覧頂けます。

日時:1月20日(土)17時〜18時半
場所:ICC 1F カフェ
参加料:500円(1ドリンク付)
*日本語通訳あり

アーティスト・トーク終了後19時より(21時終了予定)、歓迎会を致しますので、ぜひ続いてご参加下さい。簡単にドリンクと軽食をご用意します。でも差し入れ大歓迎〜!!

初来日のブルガリアのNENO/ネノはベジタリアンでチョコレートが大好き、オランダのBAS/バスは納豆でもOKの強者です。

トーク・アーティスト紹介:
作品資料画像は下記、S-AIRブログをご覧下さい。
 ↓↓↓
http://sair.exblog.jp/4204118/

Neno Belchev Belchev/ネノ
男性/71年生まれ
ヴァルナ、ブルガリア
ビデオ・インスタレーション
交流先は、地元ブルガリアの組織


Bas Noordermeer/バス・ノールデルメール
男性/74年生まれ
ロッテルダム、オランダ
交流先:das arts(パフォーミングアーツのリサーチセンター)
www.dasarts.nl

みなさんにお目にかかるのを楽しみにしています。

では!
+++++++++++++++++++++




d0005370_2042697.gif




ENGLISH
[PR]
by sairoffice | 2007-01-16 20:01 | イベント・展覧会

アウトリーチ・ワークショップの体験とディスカッション

===============================================
1月25日(木)20:00〜@ICC
アウトリーチ・ワークショップの体験とディスカッション(転載歓迎)
===============================================
横浜を拠点に活動しているNPO法人STスポット横浜は、神奈川県、神奈川県教育委員会との協働で、2004年以降、様々なアーティストを県内各地の学校に派遣し授業を行う「アート教育事業」を実践しています。

今年度、STスポット横浜は、上記の類似の活動を行っている国内各地のアートNPOと一緒に、学校などに足を運んでワークショップを実践するアーティストや、企画・調整を行うコーディネーターの研修を行います。

今回札幌では、1999年以来、アーティストが学校の余裕教室を一時的にアトリエとして使用し、こどもたちと交流を計る目的で実施する「アーティスト・イン・スクール」を展開するNPO法人S-AIRとの共同により、この研修プログラムを開催します。

研修の講師を務めるダンサー、振付家の手塚夏子は、養護学校や知的障碍者のための福祉施設でのワークショップの経験があり、そうしたワークショップでの実際の手法と、その経験がどのように創作活動に結びついているのか、といったテーマで研修を行います。

【講師】手塚夏子(ダンサー・振付家)
'96年2月ソロ活動開始。マイムやダンスの境界をさまよいつつ、既成のテクニックではないスタイルの試行錯誤をテーマに舞台活動を続ける。'01年「身体を観察する」というテーマに辿り着き、ダンス作品「私的解剖実験シリーズ」が誕生。'02年トヨタコレオグラフィーアワード最終選考会に出場。また、劇場以外の様々な場所(ギャラリーなど)でのダンスパフォーマンスや、独自の作品に対するアプローチを応用し、ダンサー、俳優、ミュージシャン、知的障碍者などを対象としたワークショップも行っています。
http://www.members.aol.com/natsukote/top.html

【進行】大澤寅雄(NPO法人STスポット横浜)

【内容】体を深く観察し、普段意識したことのない身体の細部を意識したり、自分の身体地図を描くことで、自分の心身や人との関わりに対して洞察します。また、こうした手法で、子どもや知的障碍者にワークショップを行うことの意味、相手の反応や変化について、ディスカッションを交えて進行します。

※ご参加いただく方は、軽装にてお越しください。

【対象】アーティスト(ジャンルは不問)
    アートの教育普及プログラムに関心のある方
    学校・福祉施設の教員や職員の方 など
【日時】2007年1月25日(木)20:00開始
【会場】Inter x cross Creative Center (ICC)
    ワークショップルームB
    アクセス:地下鉄東西線 東札幌より徒歩10分
    http://www.icc-jp.com/ja/access.html
【料金】100円
【参加申し込み・問い合わせ】
   inschool@s-air.org 小田井/漆
   TEL 011-820-6056 FAX 011-820-6057

【主催】特定非営利活動法人STスポット横浜
【共催】特定非営利活動法人S-AIR
【協力】特定非営利活動法人コンカリーニョ
【助成】文化庁(文化ボランティア推進モデル事業)



ENGLISH
[PR]
by sairoffice | 2007-01-16 19:58 | イベント・展覧会

new year, new events

【進藤冬華のアイルランド滞在報告&新年会】
1月10日(水)19時頃より、ICC(たぶんカフェ)にて、ベルファストで活動中の進藤冬華さん(アーティスト)を迎えてのトークと新年会をささやかに行います。
参加費は500円です、どうぞお気軽にいらして下さい。
d0005370_1723106.jpg
▲ベルファスト
d0005370_17234017.jpg

d0005370_14534849.gif


【レジデンス・アーティスト歓迎会】
また、3月まで滞在する新しいレジデントも到着します!
1月20日(土)16時より、歓迎会とトークを予定していますので、どうぞ新しいカレンダーに書き込んで下さいね!

Ireland report by Fuyuka Shindo and New Year’s Party

On January 10, an artist and a current member of ‘Catalyst Arts’, Fuyuka Shindo, who is working in Ireland, is talking about artistic activities in Ireland, particularly, ‘Catalyst Arts’ and a magazine, ‘Source.’

We are also having a small New Year’s Party.
Come and join us !

Catalyst Arts
Catalyst Arts is run by a committee of artists. Each committee member is expected to work for two years. The rotation of committee members enables a regular input of new energy and ideas into the gallery and its administration. The committee aims to facilitateユ other artists in the creation of projects whilst continuing their practice alongside working in the gallery.

As an artists-run space, Catalyst invites a more flexible approach to the organisation of the gallery and its projects. Catalyst aims:

- To establish in northern Ireland flexible, multipurpose centre where local and international artists can work experimentally and to provide the space and support for the presentation of one-off projects from a broad range of art activities including performance/ time based media, installation, painting, video, photography, music and literature.

- To provide support for recent art college graduates and younger artists by promoting studio spaces, residences and exhibition opportunities.

- To provide an environment, which encourages young artists to creatively engage with their locality.

Catalyst Arts emphasises cross and interdisciplinary approaches to the making of art, it seeks to develop networks through challenging the formal structures of curation and invites a creative communication between artists. The organisation has made a commitment to initiate projects and importantly to determine its own future, a characteristic of Catalyst Arts since its foundation and one that will continue.




[PR]
by sairoffice | 2007-01-09 17:26 | イベント・展覧会

a happy new year 2007

あけましておめでとうございます。 本年もよろしく。
Happy New Year to all and welcome to 2007!
Hopefully, you will have a very happy and prosperous 2007.

2006年度招へいのブルーノ・ヤハラと南高雄の展覧会記録photoをfotologueへアップしました。
d0005370_23476.jpg

ブルーノ・ヤハラ、玉響(たまゆら)でのインスタレーション
新作:Takoyaki Lampと新作バスケット。
photo by 小牧寿里写真事務所(最後の一枚をのぞく)

南高雄、富樫ビルでのインスタレーションお蔵入り(mothball)
photo by 小牧寿里写真事務所

お蔵入りの設営風景

設営風景は初公開ですね。
homma


The record of the exhibition by Brunno Jahara and Takao Minami, who were invited in residence 2006, is shown as a photo album at the fotologue.

Brunno showed his new work of Takoyaki Lamps and Japanese inspired baskets in his installation at the Tamayura.
The photos were taken by Hisasato Komaki, except for the last one.

Takao Minami showed his installation work, Okurairi, in the Togashi building.
The photos were taken by the Komaki Hisasato Photo Office.
Here is the view of setting-up of the Okurairi by Minami and assistants.

Minami setting-up




[PR]
by sairoffice | 2007-01-05 02:18 | live news