npo S-AIR エスエア

<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

くだらない展覧会03

d0005370_10565861.jpg


レジデンス・アーティストとして滞在中のトーマス&シルベストゥルが

札幌市内ギャラリーのCAI 02で企画展に参加します。

CAI 02 企画展「くだらない展覧会03」

2人もいよいよ12月半ばにはお別れとなりますので、

是非是非、お越しくださいませ!!




_______________________________________________________

CAI 02 企画展「くだらない展覧会03」

出品作家  

石倉美萌菜 井上愛美 菊地和広 古跡哲平 高橋喜代史 
Thomas Neumann (ドイツ)
Silvestru Alexandru Munteanu(ルーマニア)

オープニングパーティー 12月10日(土) 20:00~

■ LIVE パフォーマー 
碧衣スイミング・コルネリ・永田塁・能面愛舞(山下智博)・祭太郎

■札幌メジャーリーグが遂に開幕!
※スチール製のMyメジャーをご持参ください。

会期 :2011年12月10日(土)~12月24日(土)
時間 :13:00~23:00
休館 :日曜祝日
会場 :CAI02 札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2(地下鉄大通駅1番出口)
主催 :CAI現代芸術研究所
_______________________________________________________
[PR]
by sairoffice | 2011-11-30 18:01 | Information

S-AIRアワード NZ派遣プログラム公募開始!

S-AIRアワード (アーティスト海外派遣プログラム)
The Whitecliffe College of Arts and Design Artist-in-Residence Programme
(ニュージーランド)
http://www.whitecliffe.ac.nz/

「S-AIRアワード」は、札幌を拠点とするNPO法人S-AIR(エスエア)が才能ある道内のアーティストやクリエーターに、国内外の提携機関へ派遣、充実した滞在制作の機会を提供し、その活動を支援することを目的として設立されました。

今回の派遣先は、ニュージーランド・オークランド市にあるウェストクリフ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン(Whitecliffe College of Arts & Design)。

d0005370_18454534.jpg

期間は2012年1月〜3月、ニュージーランドの一番いい季節です。ニュージーランドは助成制度も近年充実してきていて、現代アートにも力を入れています。またとないチャンスです!皆さんの応募をお待ちしています!



--------------------------------------

詳細はこちらより
[PR]
by sairoffice | 2011-11-21 18:49 | イベント・展覧会

トーマスとわらびもち

以前のブログにも書きましたが、トーマスは日本語がかなりわかります。

d0005370_2245491.jpg

デュッセルドルフは日本人も多いようで、3年前から勉強しているそうです。来日は5回くらいで、長期滞在もしたことがありますが、それにしてもすごい。

わらびもちには・・
[PR]
by sairoffice | 2011-11-16 02:23 | live news

市立大でのレクチャー

市立大でアーティスト・トークを行いました。

d0005370_2213871.jpg

現在滞在中の2人は、芸術の森で開催中の〈表現するファノン -サブカルチャーの表象たち〉展に参加していることもあって注目度が高いのか、たくさんの学生さんに集まっていただきました。

More
[PR]
by sairoffice | 2011-11-11 02:20 | S-AIR Artists Info

シルベストゥルと写真家小牧氏の一日

〈表現するファノン -サブカルチャーの表象たち〉展専属?カメラマンの小牧さんは、S-AIRでもいつもお世話になっています。

d0005370_216067.jpg

この日は記録写真の撮影で、シルベストゥルも同行。

かわいい?
[PR]
by sairoffice | 2011-11-09 02:15 | S-AIR Artists Info

11/10(木)開催 市立大でのアーティスト・トークのお知らせ

市立大でアーティスト・トーク行います!

d0005370_13182878.jpg


《札幌市立大学 メディアデザインコース主催講義》
「表現するファノンーサブカルチャーの表象たち」参加作家によるアーティスト・トーク

芸術の森美術館で開催中の「表現するファノン―サブカルチャーの表象たち」への参加アーティスト3名による講義を行います。

札幌のNPO法人S-AIR(エスエア)の招聘で2ヶ月間札幌で滞在制作中のアーティスト、シルベストゥル・アレクサンドゥル・ムンテアーヌとトーマス・ノイマン、そして札幌を拠点にアーティストとして活動する高橋喜代史が、現在展示中の作品や、これまでの活動について紹介します。

詳細は添付のフライヤーをご覧ください。
※本講義は、学内の学生向けの講演ですが、ご参加いただくことが可能です。

日時 2011年11月10日 (木) 18:20~19:50
場所 札幌市立大学 芸術の森キャンパス 一般教育棟1F 階段教室
※スカイウェイを抜けて学生課前を右折、突き当たり右手階段を降りる
http://www.scu.ac.jp/access/

作家プロフィール
[PR]
by sairoffice | 2011-11-08 13:19 | イベント・展覧会

ボグダンさん&シュテファンさん(オタクマガジン)を迎えて

〈表現するファノン〉展の関連企画として、「越境するファノン-世界が見た日本のサブカルチャー」という国際シンポジウムにパネリストとして参加するため、ルーマニアを拠点とするオタクマガジンの編集長、ボグダン・ゴルガネアーヌさんと、同じくオタクマガジンに関わっていらっしゃるキュレーターのシュテファン・ティロンさんが、札幌に滞在されました。

おふたりとも初めての日本で、初めての札幌。東京や他の都市へは一切滞在せずに、一週間の滞在を満喫されたようです。事後報告となってしまいますが・・滞在中のおふたりの動向をご紹介します。

d0005370_158378.jpg

まずはついてすぐに、今回おふたりをお招きされた市立大武邑教授と夕食の後に行ったバーにて。左手前から、トーマス、シュテファンさん、ボグダンさん、シルベストゥル。

サルマーレ
[PR]
by sairoffice | 2011-11-08 01:56 | S-AIR Artists Info