npo S-AIR エスエア

旭川

お盆休み2日目、旭川に行ってきました。何かと文化的に堪能してきました。いろいろ見たけど、嵐山陶芸の里というところで、6月にオープンしたばかりのPotta(ポッタ)という陶器屋さんがすてきでした。オーナーの女性が、作っています。もっと欲しかったけど我慢しました。このおかげで所持金を使い果たし、お盆中は1000円で過ごすことになってしまいました。

d0005370_130545.jpg

お店の写真とかを撮ってこなかったことが悔やまれる。応援したくなるステキな陶芸作品とお店。また行きたい。





彫刻美術館では鈴木 久雄展をみてきました。また、ここは中原悌二郎記念館なので、作品や彼にまつわる作品が2階でみれます。具象、抽象織り交ぜ、久しぶりに彫刻の世界を堪能しました。彫刻の物質感や空間感は久しぶりで新鮮だったし、美しいと思いましたが反面、こうした世界は現代社会から離れている感じがします。
d0005370_13233334.jpg

旧日本帝国陸軍第7師団が旭川に設営されたときに、将校たちの社交場として1902年(明35)に建設された建物を、美術館として使っています。

そして、優佳良織工芸館(ユーカラ織工芸館)。ユーカラ織ってアイヌの工芸と思ってたんだけど、昭和48年にできた新しいものみたいです。柄はかわいいんだけど、型が決まっていて、なかなか広がりがない窮屈な表現という印象を持ちました。仕立てられた、洋服とかも高いし、デザインもひどいです。ここの工房に入ったら分けのわからない決まりとか、しがらみがあってめんどくさそうだ。古くさいぞ!
d0005370_1335191.jpg

[PR]
by sairoffice | 2009-08-15 13:39 | Information