人気ブログランキング |

npo S-AIR エスエア

S-AIR 連続講座『国際芸術祭研究』開講!!!

S-AIRでは『国際芸術祭研究』と題し、ゲスト講師をお招きして2回にわたり連続講座を催します。

・12/10(金) S-AIR連続講座Vol.2
「日本とアジアの国際芸術祭研究」(場所:トオンカフェ)
 応募者多数につき予約を締切ました。

・12/17(金) S-AIR連続講座Vol.3
「展覧会からフェスティバルの時代へ 」(場所:OYOYOまち×アートセンターさっぽろ)

いずれも要予約となっております。
皆様お誘い合わせの上、是非ご参加ください。

詳細は下記から





---
S-AIR 連続講座『国際芸術祭研究』
瀬戸内、あいち、光州、釜山、上海、台湾、シドニー、オークランド、ウェリントン


<12/10(金) 日本とアジアの国際芸術祭>応募者多数につき予約を締切ました。

第一部、高橋喜代史が見た5つの芸術祭(オークランド、ウェリントン、瀬戸内、あいち、上海)を紹介。
第二部で、札幌市からの委託で国際芸術祭の視察調査を行った酒井秀治氏が、あいちトリエンナーレ、
瀬戸内国際芸術祭、釡山ビエンナーレ、光州ビエンナーレを現地関係者との談話も含めたっぷりと視察報告。
第三部では、中村一典の司会による、ゲストと観客を交えた討論会「国際芸術祭を考える」を開催します。
ゲスト : 酒井秀治 (街づくりプランナー、建築士、ノーザンクロス)、中村一典(美術批評、トオンカフェ)

■12月10日(金)19:00~22:00
※要予約: info@s-air.org / 011-820-6056
■場所:トオンカフェ
札幌市中央区南9条西3丁目2-1マジソンハイツ1階 (地下鉄南北線「中島公園駅」徒歩2分)
■一般 1,000円 ・学生 500円(いずれもワンドリンク付)


<12/17(金) 展覧会からフェスティバルの時代へ―国際芸術祭に見る意義の変化>

第一部に、キュレーター穂積利明氏をお招きし、「ビエンナリゼーション」と「祝祭化」、
オセアニアの「環太平洋戦略」、「スクラップ&ビルド」のアジア文化と国際芸術祭との親和性、等々をキーワードに、増加する国際展の隠れた 流れを読み取る研究発表を行っていただきます。
第二部は、端聡氏、柴田尚氏、穂積利明氏らによる「札幌ビエンナーレ討論会」を開催します。
ゲスト : 穂積利明 (北海道立近代美術館学芸員) 、端聡 (CAI代表、美術家) 、柴田尚 (S-AIR代表)
共 催 : OYOYO美術部

■12月17日(金) 19:00~21:00
※要予約: info@s-air.org / 011-820-6056
■OYOYOまち×アートセンターさっぽろ
札幌市中央区南1条西6丁目第2三谷ビル6階(東急ハンズの西2軒隣)
■一般 1,000円 ・学生 500円(いずれもワンドリンク付)


主催: NPO法人 S-AIR
予約・お問い合わせ: info@s-air.org / 011-820-6056 (S-AIR)
http://www.s-air.org
http://sair.exblog.jp
by sairoffice | 2010-12-10 16:40 | イベント・展覧会