npo S-AIR エスエア

Salmon skin WorkShop 鮭皮靴制作ワークショップのお知らせ

北海道に秋の訪れをつげる鮭漁ももうそろそろ終わりを迎えます。
札幌では昨日早朝にふったみぞれを今年の初雪として宣言したそうです、もうすぐ雪の季節です。

さて、11月には2回にわたり、アイヌの木下梅雄さん(鵡川町在住)から、伝統的な魚の皮を加工する方法を学ぶワークショップを開催します。現在、札幌に滞在中のレジデント・アーティストのリクエストにより実現するものです。
アイヌの人々はイワナ、鮭などの皮から靴を制作し日常的に使用していました。現在資料館で、再現された靴や、上着をみることができます。

今回のワークショップでは、加工された鮭皮を靴へ、また別の製品へと参加者のアイデアによって、自由にアレンジしていきます。

木下さんの奥さんも数年前に制作されたとのことです。(S-AIRブログより)↓
”昆布の旅〜”

サッポロピリカコタン、ホームページより ↓
魚の皮でできた上着
鮭の皮の靴


日時:2007年11月7日(水)、27日(火)13:00-18:00
1回目:鮭の皮加工(第一段階)
2回目:加工の続きと交流会

場所:インタークロス・クリエイティブ・センターICC_4F調理室(予定)

参加費:各回1000円(鮭、他材料費)

定員:10名

助成:財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構

申込先:NPO法人S-AIR
TEL 011-820-6056 FAX 011-820-6057 Email info@s-air.org

申込〆切:2007年11月6日(火)24:00まで

お待ちしています〜!!!
[PR]
by sairoffice | 2007-11-03 14:04