npo S-AIR エスエア

タグ:QSS ( 3 ) タグの人気記事

08_S-AIR AWARD 北アイルランド(ベルファストQSSスタジオ:三ヶ月間)派遣 決定!!!!!

現地で、派遣の最終選考と、招へいのファイル一次選考に立ち会っていた、S-AIR進藤より、派遣者決定の知らせが届き、それを受けて各方面への確認が完了致しましたので、正式に報告致します。

(以下、進藤リポート↓↓↓)
---------------------------------------------------------------
6月20日、QSSでの選考会終了しました。
話し合いは難航し、だれが選ばれてもおかしくない状況でした。

札幌からのアーティストの派遣は高橋喜代史氏になりました。

選考された理由としては、
・力強い作品で印象に残る。
・実際の作品を見てみたいと思わせた。
・パフォーマンスという点で、ベルファストにあうのではないか。(ベルファストはパフォーマンスアートが盛んなところなので)

selectors

Emma Connolly (Board)
Majella Clancy (Board)
Amy Russell (Board)
Zoe Murdoch (Board)
Maria McKinney (Guest: Artist in Flax Art Studios)
+Brendan O'Neill

今回の滞在、ベルファストでの生活を思い出しました。故郷の安楽さが身にしみてます。ここは決して住み心地の良い、外国人にひらかれた場所ではありません。高橋君が理不尽さや理解不能の出来事に対処しつつ、何とかくじけずにここで制作をしきってほしいと思います。 (進藤 冬華)
---------------------------------------------------------------
また、高橋氏以外の最終選考候補は他に2名いたのですが、QSSとは別のレジデンスへの推薦、そしてQSSでの近い将来の展覧会参加へとそれぞれ可能性を残すことができました。

札幌サイドの選考委員からは、「次のステップを作ることが来たことがなにより、今後もこの結果にめげることなく、挑戦を続けて欲しい」とメッセージがありました。

来日したブレンダン・オニール(QSSディレクター)が、一次選考と面接を終えて、札幌で活動するアーティスト、とりわけこのプログラムに応募したアーティストの質の高さに驚き、彼らをQSSの選考に持ち帰ることができ、とても喜んでいると言っていました。

最終的に選ばれなかった候補者のみなさん、これから応募や海外でのレジデンスでの活動を検討している人、様々な場面で、自信を持って自分自身をプレゼンしていってください。私達も出来る限り、情報提供やアドバイスなどサポートしていきたいと考えています。

ご応募いただいた方々、どうもありがとうございました。お疲れ様でした!

[PR]
by sairoffice | 2008-06-24 15:56

Yoong Chia & Brendan have arrived!!

today S-AIR welcomed 2 guests from the north and the south!! kanpai!
d0005370_22375665.jpg

[PR]
by sairoffice | 2008-06-02 22:39

募集開始!!S-AIR AWARD:海外派遣プログラム      今年はベルファストへ!

海外派遣アーティスト、クリエーター募集

今年一発目の募集は、北アイルランド(ベルファスト)QSSスタジオへの三ヶ月間:1名です。詳細は、S-AIRホームページでご覧下さい。

応募に際し年齢の制限はありません。ただし札幌圏で活動を行っている方を対象にしています。最終選考*面接審査*は、QSSスタジオのディレクターが来日して行います。

申請書類の〆切:2008年6月2日(月)必着!

08年度の海外派遣は、もう1枠の募集を予定しています。内容に関して現在検討中です。情報公開は4月中旬を予定しています。
また、ポートフォリオ作成講座(有料)複数回実施を5月に開催予定です。

海外のアーティストを対象にしたレジデンス・プログラムの募集も、同じく4月中旬を予定しております。
[PR]
by sairoffice | 2008-03-22 21:22