人気ブログランキング |

npo S-AIR エスエア

タグ:Sapporo II ( 4 ) タグの人気記事

美術講演会のお知らせ「札幌、アートの旅」@近美

2003年春の、近美でおこなったS-AIR展step across borderの記録撮影をしていただいた縁の露口さんからのお知らせです。今週土曜日にトーク!
行きと帰りには、近くのD&DepartmentでSapporoII Projectのプロジェクトルーム「アーカイブ展」に足をお運びください、今年実施したプログラムの記録画像を追加展示しています〜、笑! mami

「札幌、アートの旅」
2009年末に発刊された『札幌アートウォーク』の著者である谷口雅春氏は、同著のなかで札幌の歴史や風土を道ゆかりの作家による美術作品を通しながら考察し、いくつかの公共的な場所に設置された作品を対象として美術表現に潜む風土との関連を示唆しました。この講演会では、同著にも多数収められている、1999年より「地名シリーズ」として札幌近郊の地形、景観を撮り続けている露口啓二氏の写真作品を鑑賞しながら、谷口氏の視点をひきだし、札幌の風土と美術の魅力を探ります。
講師/谷口雅春氏(ライター)、露口啓二氏(写真家)、聞き手:佐藤友哉(当館学芸副館長)
日時/2010年2月27日(土) 14:00~16:30
会場/講堂(入場無料・定員240名)

*『近美サイトより転載』

露口さんのブログ
露口啓二ぼさく
by sairoffice | 2010-02-25 16:52 | Information

sapporo2ガンバ終了報告会と打ち上げ、でも展示は月末まであるよ!

sapporo 2 関連のお知らせ
isamu kriegerのピーエス株式会社での制作とトーク、同じ日程(明日22日(月)、明後日23日(火)!!)でフィナーレを迎える、東方悠平+札幌市立北小学校(おとどけアート)の実施報告(フォトドキュメンタリー簡単版)を上映しつつの打ち上げを行います。

日時:2月23日(火)19:00-21:00
場所:インタークロスクリエイティブセンター(ICC)カフェ+
参加無料:差し入れ歓迎

特別ゲスト:石川直樹(写真家)、マリオン・ニューマン/marion neumann(映像作家)

D&Departmentの展示は28日まで続きます、次回展示替えの予定は、24日(水)か!?!?!
by sairoffice | 2010-02-21 23:49 | Information

イサムのSapporoIIワークショップ:アーティストインスクール@石狩市立生振小学校

2月13日〜19日までの間の制作期間中、屋外作業のお手伝いをしていただける方を探しています!
b0165697_20422663.jpg

お手伝いしていただける方は、参加可能日(時間帯も含む)の通知とともに sapporo2[AT]s-air.org([AT]を@に変えてメール送信してください) まで一報ください〜!

Sapporo II project関連のお知らせ:

1月末からの押し寄せるSapporoIIプログラムに追われ、諸々報告が遅れております、SapporoIIブログやっと更新中!!!

2/9に雪まつりに参加していたSapporoIIアーティスト、TeamHolland(相方カミーユ他3名)と小川智彦くんが去り、入れ替わりに、札幌市立北小学校で、東方悠平くんによりアーティスト・イン・スクール(
おとどけアート)が始まっています(23日まで)

D&Department Project Sapporo by 3KGでのSapporoII Project展示は、終了したプログラムのアーカイブを追加しながら続行中、2月28日までご覧頂けます。お買い物とお食事のついでにお立ち寄りください。
次回の展示替えは、今週末か、週明けを予定しています。

あとはイサムの生振小とピーエスさん(北広島)とのコラボのみ、がんばりましょう。mami
by sairoffice | 2010-02-11 09:09 | live news

Workshop: ハイパースペース・サッポロ II

http://www.s-air.org/pub/artstage/hyperspace-jp.html

さっぽろ雪まつりをテーマに、新しいアーティスティックな雪へのアプローチを試みます。

-------------------------------------

○ライフコート特別協賛事業 ワークショップ・インフォメーション
暮らしのそばで、たまってしまった雪の固まりを相手にアーティスティックなアイデアでいどむ。雪=じゃまなものから=ちょっとおもしろいから(美しいから)あってもいいや、という存在に変えてしまおうという試みを行う。今年は手始めに、毎年恒例となって巨大化している「さっぽろ雪祭り」を題材にグループセッションでプランを組み立て、自分のアイデアをマケットで制作し展示する。

【ワークショップの流れ】
参加者はワークショップ前に各自リサーチを行う。ワークショップ3日間でグループワークとディスカッション、講師によるプレゼンテーションを受ける。目標は、来たる2月の、または翌年の「さっぽろ雪まつり」時期に向け、具体的な実現計画を練り、実施すること。

日時
11月23日(祝/木)13:00-21:00/夕食付
24日(金)19:00-21:00/夕食付
25日(土)10:00-18:00/昼食付

講師
カミーユ・フェルシュフーレン(アーティスト/オランダ)
河田雅文(アーティスト/札幌)
tEnt久原真人(国際メディア研究財団 研究員 / 東京)
山本謙一(建築家/札幌)
岡和田直人(アーティスト/広島)
小川智彦(アーティスト/札幌)

会場:札幌市中央区南2条西2丁目 富樫ビル8階

事前予約制/定員:20名

予約方法:下記問い合わせさきまでTELまたはFAXにてお願いします。

対象:札幌市民、コミュニティ活動に興味関心のある方、アーティストなど大学生以上*3日間通して参加できる方

参加料:3,000円(3日間通し/食事代含む)

会場協賛:札幌中心倶楽(さっぽろちゅうしんぐら)


プログラム協賛:ライフコート

参加申し込み&問い合わせ先:NPO法人S-AIR(担当:オダイ)
TEL 011-820-6056 FAX 011-820-6057
札幌市豊平区豊平1条12丁目1-12 インタークロス・クロスクリエイティブ・センター
(ICC) 401号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


●ワークショップの内容について

sapporo2のコンセプトを共有するという前提で、進めていきます。
http://www.s-air.org/pub/artstage/hyperspace-jp.html

今回のワークショップのゴールは、各自のアイデアの検討と実施に向けての計画立案、
マケットの制作と発表方法の検討です。
「雪まつり」(大通公園)を今回のケーススタディーとして選び、(これはわたしの意見ですが)現実的で、どのランドスケープにも対応するアイデアを抽出していくことなのではないかと思います。既存の考え方、やり方へのアートからの発展的な問題提起をしていくこと、このワークショップでのはっきりとしたアートからの意見と態度を表明し、今後の各自の活動につなげていくという流れが必要かと思います。

参加者は、一般、学生が主になると思いますので、活発なアイデアの交換、アーティスト、建築家、クリエーターという立場から参加者のアイデアをほぐし、またご自身の考えなどカジュアルに伝えることの出来る機会になればと思います。

カミーユの提案では、ワークショップ成果(マケット)を雪まつり時期に展示し、市民投票などを行って、このアートからの新しい提案に、より多くの関心を持ってもらうことを目指したいとしています。もちろん、実際に今度の、または次の雪の季節に各自のプランを実現することもあると思います。


また、このワークショップは、現在開催中の「さっぽろアートステージ2006」主催札幌市の事業の一環です。
http://www.sapporo-artstage.com/

--------------------------------------------------------------
Workshop: hyperspace Sapporo II

http://www.s-air.org/pub/artstage/hyperspace-eng.html

An attempt to take new artistic approaches to snow, centering on the Sapporo Snow Festival

○ Information of the workshop supported by the Life Court Co., Ltd.
Look upon the snow mass building up willy-nilly and lying thick on the ground as a useful resource or art medium with artistic ideas !  Let’s change the view on snow in this project; the snow mass is seen as something annoying, tax consuming, and energy consuming in its removal, but now we can see it as a non-hindrance, something interesting and beautiful; moreover, it is like your seasonal partner !

This year, at the beginning of the workshop, deriving from the Sapporo’s annual Snow Festival at Odori Park, which has become a larger event, the participants will make a plan with group discussion, create the ideas with maquette (1:100) and exhibit them.


The Flow of the Workshop

The participant should research his or her idea on their own time before this workshop. During the three days’ workshops the participant will have group work, discussions, and a presentation by the lecturers. The aim of the workshops is to draw up a concrete plan and create a miniature sculpture or replica for the Sapporo Snow Festival in February 2007 or 2008.

[ Dates ]
Thursday (Bank Holiday), 23 November13:00 – 21:00
Friday, 24 November19:00 – 21:00
Saturday, 25 November10:00 – 18:00

[Lecturers ]
Kamiel Verschuren(Artist, Holland)
Kawada Masahumi(Artist, Sapporo)
tEnt Hisawara Masato(International Media Research Foundation, Researcher, Tokyo)
http://www.imrf.or.jp/imrf/index-e.html  
Yamamoto Kenichi(Architect, Sapporo)
Okawada Naoto(Artist, Hiroshima)
Ogawa Tomohiko(Artist, Sapporo)

[Location]
Togashi-biru 8F, Nishi2, Minami2, Chuo-ku, Sapporo

[ Other information ]
Advance reservations are required.
Limited to 20 participants
Preferable participants : Sapporo citizens, people who are interested in community activities and more than 18 years old, artists, and so on.

workshop total fee for 3 days : \ 3,000
How to book : Phone or Fax the number below
Incorporated Nonprofit Organization, S-Air
Coordinator Odai TEL. 011-892-5091 FAX.011-820-6057
Location : 401 Intercross Creative Centre (ICC), 1-12, 1-12 Toyohira, Toyohira-ku, Sapporo


●About this workshop by a coordinator Odai

Let’s go forward with this workshop, sharing the concept of ‘Sapporo 2.’
http://www.s-air.org/pub/artstage/hyperspace-eng.html
The goal of this workshop is examining each idea with participants and artists, drawing up the plans for implementation, creating the miniatures with maquette, and analyzing how to present these ideas. In my opinion, examining ‘Sapporo Snow Festival at Odori Park’ chosen for this case study would be to create the realistic idea enough to suit any landscape. It would be necessary for the participant to raise more developed artistic issues than the existing idea, approach, and procedure of the current event, express his or her opinion and attitude on the clear view of art at this workshop, and in the end of the development plan for each future activity with this experience.

The main participant would be a public citizen or a student. Hopefully, this workshop will offer an opportunity to exchange active ideas, discuss with one another in a relaxed setting, and share participants’ idea with other artists, architects and creators.

Kamiel suggests exhibiting the miniature works with maquette which the participants made at the workshop during the Snow Festival and collecting the votes from the visitors and Sapporo citizens, as a result, he expects that people will be more interested in this new suggestion for the Snow Festival with an artistic idea. Moreover, he hopes each plan will be exhibited as the actual sized work at this winter or the next winter.

This workshop is also a part of the ‘Sapporo Art Stage 2006’ projects organized by Sapporo City.
http://www.sapporo-artstage.com/
by sairoffice | 2006-11-22 14:10 | イベント・展覧会